沖電グループ:沖縄プラント工業株式会社のウェブサイトです。

先輩社員の声

001.平良 拳人

2016年入社
平良 拳人
平良 拳人
(2016年6月1日当時) 

どのような就職活動をしていましたか

合同企業説明会に積極的に参加し、さまざまな企業の話を聞きました。基本的にはエネルギー関係の企業を中心に説明を聞き、次に電気事業、電子機器関係等、優先順位を付けて話を聞いて回りました。いろいろな企業の説明を聞き、応募書類締め切り日だけメモをとり、自分の記憶に残る企業の試験だけを受けていました。

沖縄プラント工業に入社を決めた理由は?

高校時代から知っており、事業内容に元々興味を持っていました。沖電グループであること、安定した収入を得られること、労働組合があることや、友人の勧め等もあり入社を決めました。

入社式の感想は?

入社式では答辞を読みました。とても緊張しましたが、今までにない良い経験になりました。しかしながら、答辞を読み終えた後、緊張からの解放で気が緩み、出席者への一礼を忘れてしまいました。入社式のちょっぴり苦い思い出です。

入社前と入社後で変わったことがあれば教えてください

研修を受け、学生と社会人の違いを感じました。ビジネスマナー、就業規則、労働組合、各部署の概要説明など、学生では学ぶことのできない会社の詳しい情報に触れ、沖縄プラント工業に入社できた事を改めて嬉しく思い、自分が社会人である自覚と責任を持つことができたと思います。
また、プライベートでも沖縄プラント工業の一員である自覚を持ち、自分なりに社会人らしい行動を心がけるようになりました。

これから、どんな社員になりたいですか

平良 拳人

仕事を円滑に行うためにはコミュニケーションが大事だと思います。先輩方と積極的にコニュニケーションを取り、分からないことはどんどん質問して、素直に仕事に取り組んでいきます。また、安全第一を意識し、ミスをしない、事故・災害を起こさない、仕事のできる社員になりたいです。

002.赤塚 彰吾

2013年入社
赤塚 彰吾
赤塚 彰吾
(2016年6月1日当時)

どのような仕事をしていますか

現在、私は火力部火力技術グループに所属しています。
このグループは、発電所の定検工事で先輩社員や協力会社の方と一緒に仕事を行い知識や技術を身に付け、現場配属時に即戦力となる人材を育てるグループです。
私は今年で配属3年になり、現場監督業務も行うようになりました。具体的な仕事内容は、発電所にある機械・設備の補修およびメンテナンス業務です。
発電所には多くの機械・設備があり、幅広い知識・技術を身に付けることが重要になるので、この3年間で行ってきた仕事は僕の財産です。

この会社に入社を決めた理由は?

私は地元沖縄のためになり、学生時代に学んだ技術を活かせる仕事をしたいと考えていました。
沖縄プラント工業は沖電グループの一員で、沖縄本島内の電力の安定供給になくてはならない会社であり、協力会社と一致団結して仕事に取り組む姿勢がすばらしいと感じました。
そうしたことから、この会社なら沖縄のために仕事ができ、技術も活かせるのではないかと思い入社を決めました。

仕事のやりがい・魅力などを教えてください

沖縄職業能力開発大学校の頃は、ものづくりを中心に、考えて製作する等の勉強をしていて、機械の補修やメンテナンス等、考えながらする仕事にすごくやりがいを感じています。
発電所では多くの機械・設備に関わります。まだ分からないことも多く、日々勉強しながら仕事をしていますが、大きな工事が完了したときの達成感は大きく、そこが魅力でもあります。
また、当社では資格がないとできない仕事が多くあります。そのため、資格取得制度が整っている所も魅力だと思います。

就職活動中の学生へ一言!

赤塚 彰吾

就職活動はとても大変だと思いますが、企業研究や面接練習などをしっかりやってください。
取り組んだ分だけ自分の意見を出す自信になると思います。
企業が行う面接等はとても緊張すると思いますが、自分自身のアピールの場です。試験官もあなたのことを知りたいはずです。今の自分を知り、未来の自分のイメージをしっかり持っていれば大丈夫です。頑張ってください!!

003.眞喜志 康忠

2010年入社
眞喜志 康忠
眞喜志 康忠
(2016年6月1日当時) 

どのような仕事をしていますか

私は火力部牧港火力5/8号機除却工事所に所属しています。
この工事所では、牧港火力発電所内にある現在は廃止となった5号機~8号機に関連する設備の除却工事等を行っています。
私は主に電気関係を担当しています。具体的には、除却対象の設備内にあるケーブル行先調査およびルート変更、不用ケーブル撤去、制御盤移設等です。
発電所内には5号機~8号機のほかに現在運転中のユニットもあることから、事前調査をしっかり行って運転中のユニットに影響がないようにすることが重要になってきます。

この会社に入社を決めた理由は?

私は電力関連の仕事をしたいと考えていました。
沖縄プラント工業は沖電グループの一員であり、発電設備の点検・補修業務を通して沖縄の電気を守り続けています。
この会社なら電力の安定供給の一翼を担うことができると思い、入社を決めました。

仕事のやりがい・魅力などを教えてください

発電設備の点検・補修を無事故・無災害で終えられた時などにやりがいを感じます。
会社が資格取得の費用を負担してくれるのも魅力のひとつです。

就職活動中の学生へ一言!

眞喜志 康忠

就職試験の中でも面接が特に緊張すると思いますが、あまり気負わず自分の考えや意見をしっかり伝えることが大切だと思います。

004.新垣 有太

2006年入社
新垣 有太
新垣 有太
(2016年6月1日当時) 

どのような仕事をしていますか

現在、私は火力部吉の浦事業所運転グループに所属しています。
このグループでは、主に発電所排水環境協定値の管理運転、蒸気タービン用の純水を作る純水装置の運転、それに付帯する設備の運転を行なっています。
また、設備の軽微な修繕も行います。

この会社に入社を決めた理由は?

物作りに興味があったことと、発電所という特殊な設備に興味がありました。
また、待遇も決め手でした。

仕事のやりがい・魅力などを教えてください

働きながらの資格取得、物の構造理解(普段の生活の補修でも役立つ)、また、機器計器類の取り扱いが身に付いていくことが魅力です。

就職活動中の学生へ一言!

新垣 有太

面接等では、自分で考えて意思のある言葉を伝えることが重要だと思います。会社側としても、言われてやる人より自分で考えて行動する人間を欲していると思います。

ページのトップへ

閉じる